スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
目の前で交通事故に遭った猫を保護

28日の出勤時の出来事。


日頃はギリギリで家を飛び出すダメ子ちゃんの私が、
いつもより5分早く家を出て、
1個目の信号がもうすぐ赤に変わりそうになる時
、”黄色は進め~バスに負けるぞぉ”
と突き進むのに、今日は”黄色は止まれ”で止まった。

(たいがい1個目の信号で止まってる間にバスが横切って
バスの後になってしまい、停留所で停まりまくるから、
会社に着くのがギリギリになるもんで^^;)


そして信号が青になり、いつも通りに左折しカーブにさしかかる。
「今日は、バスにも勝ってるし余裕やなぁ~~~。」と気分がよかった。

後から思えば、この絶妙なタイミングが悲劇と遭遇するとも知らずに。







いきなり左から何かが出てきて、前の車の左前輪にぶつかった。


猫!猫!猫や!!


ぶつかって弾き飛ばされたるだけならまだよかってんけど、
タイヤに巻き込まれたからかまず右側の下半身が轢かれて、
そしてくるっと体が反対に向いて、左後輪で左側下半身も轢かれた。


恐怖で意識が飛んでしまったというのかよくわからんのやけど、
でも、そこだけはスローモーションのコマ送りのように見えて、
今でもはっきりと脳裏に焼き付いてる。


体が凍り付いたから、どうして車を停めたのかも覚えてないけど、
気が付いたら、上着を脱いで路肩に倒れてる猫に被せて捕まえようとしてた。


猫は肩で息をしてる、まだ生きてる。
お願いやから動かないで!また、車に轢かれたら命がない。
もし逃げても大丈夫なように、民家側に走るように道路を背にして近付く。


生粋のノラちゃんなんやろう。
気力だけでぼろぼろの体を奮い立たせて、
前足を後ろ足の松葉杖のように使い、
体を斜めにしながらぴょこんぴょこんと飛び跳ねて前の草むらへ逃げ込んだ。


草むらに近づいて再度捕まえようと上着を両手に広げたけど、
捕まえてから入れる物がないことに気付いた。
今日のかばんは小さくて入らないし、入ったとしても
交通事故に遭った猫を丸めて入れるのはよくない。


もう少し行けば、コンビニがある。箱をもらおうか。
いや、箱がなかったらどうする?
そうや!私の家へは2~3分で帰れるんやから、
キャリーとバスタオルを持って来よう。
草むらに横たわって隠れてるから少しの間は動かないはず。


そういえば、会社のことを忘れてた!
草むらの猫を横目に、会社にごめんなさい遅刻します電話。
なんか理由を考えればいいのに、気が回らなくて、
「前の車が猫を轢いたから病院へ連れて行ってあげたいので、
すみません!遅刻します。また電話します。」と電話を切った。

こないだは犬で欠勤、今日は猫で遅刻かい!
って思われたやろうなぁ。あほな私。


電話を切るやいなやすぐに家へ戻り、ガタガタと支度をして現場へ戻った。
猫さんは、相変わらず肩で息をして横たわってた。


バスタオルを広げる私を見つめてたので、また逃げられてはと思い、
「私はな、あんたを助けたいねん。怖いのはわかるけど捕まってほしい。
ちょっとだけいうこと聞いてくれへんやろか。」
と交渉してみたものの、
もう少しのところでまた向こうの茂みに逃げられてしまった。
草むらの横の住人が不審に思い近付いてきはったから。


訳を話すと、「どんな猫?と」聞かれたので、
「サビ猫です。黒と茶色がぐちゃぐちゃになった猫。」と答えた。

「ああ、その猫やったらたまにうちの庭におるわ。
 ひょっとしたら、庭におるかも?玄関から入ってくれていいから。」

「ここの草むらから猫は庭に入れるんですか?」

「たぶん入れるよ。」


表の玄関から大きな庭に案内されて奥に入っていくと、
バーニーズマウンテンドックがこんちは~と家の窓から覗いてた。
大型犬を家の中で飼ってはるくらいの人やから、
見ず知らずの変な猫おばちゃんにも協力してくれはったんやろな。


そこから先に進んでいくと、
先に歩いてた奥さんが「おるわ!」と指を差した。
おった、さっきのサビ猫が横たわってる。


すぐさま奥さんは機転を利かせてくれて、
「私は表へ戻って猫が出んように草むらに立っとくから捕まえ。」と走り出た。


もう失敗は出来ない。失敗すれば行方がわからんようになるか、
また道路へ飛び出て轢かれるやろう。

もう一度、
「怖くないよ、助けたいだけやねん。」とささやきながら近付いたけど、
また前足を松葉杖にし傾きながらぴょこんぴょこんと。


でも道路側には人間(奥さん)がいるから、
不幸中の幸いで庭の隅へ逃げ、そして追い詰め、
最後の力を振り絞って前足だけで柵に登って逃げようとしたけど、
後ろ足は利かなかったので抱きかかえて捕まった。

私に殺されるかもしれないと全身全霊で抵抗してきた姿が悲しかったな。


キャリーと離れてしまったので、草むらにいる奥さんにお願いして
戻って来ていただき、猫の傍へ置いてもらって無事にキャリーイン。


「すみませんでした、ありがとうございました。」

「いや、かまへんよ。
私は犬しか飼ったことないから、何もしてあげられへんけど。」


いえいえ、奥さんがいなかったら、
この子を見つけることはできなかったんやし。
人の温かさを感じて、有難くて、その場を後にした。







どこの病院へ行こう?
掛かりつけの病院は東大阪・・・高速に乗るし時間がかかる。
こないだローズの危篤で立て続けに休んだから
会社もそんなに遅刻出来ないし、
交通事故やからなるべく早く診せてやりたいし。

でも、この辺はろくな獣医がおらん。
それに、まだ獣医が開いてる時間じゃない、どうしよう・・・。

人間、テンパルと思考能力が落ちる。
でも、ない頭で早く考えんと!しっかりせぇ!ワタシ!


そや!あそこの病院へ行こう。猫の好きな優しい先生や。
高架を飛ばしたら20分もあったら着くし。


病院に着き電話をかけて開けてもらおうと思ったら、
ちょうど看護士さんが出勤してきはったので、
理由を話し中へ入れてもらえた。


診察台の上にキャリーを置いて、さぁ診察。
やっと、ここまでたどり着けたという安堵感がわいてきた。

でも、先生の手が動かない。

そうや、ここの先生も看護士さんも本当に心優しい人やけど、
生粋のノラちゃんを苦手としてたんや・・・。
いや、
たいていの獣医が触れないノラちゃんはご法度やったなと我に返った。


「キャリーごと麻酔をかけて検査するしかないです。
(触れないから)治療もどこまで出来るか・・・。」


決断に迫られた時、ようよう頭が正常に戻ったみたい。
やっぱり、高速を飛ばしてでも東大阪まで行こう。
掛かりつけの獣医は触れない子でもOKやもの。


そこの先生に深々と頭を下げて車へ乗り込んだ。
そして電話した。
「今から交通事故に遭った猫を連れて行くのでお願い!」







高速を降りると中央環状線は大渋滞。
そうか、五十日じゃないけど、今日は月締めかぁ。
早く着きたいのに。


猫は生きてるやろか?
恐る恐るキャリーを覗き込むと息をしてる。


この子は怖いから逃げたけど、まっすぐな目で私の話は聞いてくれた。
だから、人間は怖い人ばかりじゃなくて良い人もいるって伝えたくて、

「人間は悪い人ばっかりやないで。
今日、あんたにかかわる人はなええ人ばかり。
だから、もうな、何も心配しせんでええんやで。」と話続けた。
きっと、少しだけわかってくれたと思う。

同時に、落ち着けワタシ、きっと事態はええ方向にむくって
自分を励ましながら、やっと渋滞を抜け病院へ着いた。


入ると看護士の姉ちゃん(ここは半家族経営)の方が「瀕死?」
と聞いてきたので、「いや、目力はある。」と答えた。
先の患者さんが診察室に入ってたので、
待ってても大丈夫か気遣ってくれたんやろう。


まだ他にも患者さんは待ってたけど、緊急性があるので次に入れてもらえた。

「交通事故やったら、近くの獣医に行ったらよかったのに。」

「飛び込んだよ、そやけどノラちゃんは・・・って言われたから
ここへ走ってきたんやんか。」

「なんじゃ、それ。」


怖いもの知らずの先生には理解しがたかったんやろな。
ここには、プロテクター手袋(爪や牙から守る分厚い皮手)が存在しない。
猫袋すらない。
しいてあると言ったら、エリザベスカラーくらい。


「検査したいから軽く沈静だけ打つで。」
そう言ってキャリーのドアを開け、いつものように素手で注射した。
恐るべし、先生。


レントゲンを取ったら、腰の骨が両方とも折れてた
轢かれた瞬間を見たから想像はしてたけどショック大やった。

膀胱は破裂してないか聞いたら、今のところは大丈夫そう、
だけど、どこからか出血してるのか影が映ってると。





サビ猫2.7kg。まだ若い。



「どないする?今のところ内臓の状態ははっきしとはわからんけど、
内臓に異常がなかったら、
骨盤の手術をしたら普通に歩けるようになると思う。」

隣に居た姉ちゃんが、「そやけど骨盤の手術は高いで~。」
とすかさず話を続けてきた。


・・・こないだのローズの入院代すら、まだ払えてない。
もう、頭がいっぱいいっぱいになってきた。


この足ですぐ会社に行かなあかんし、
明日、姪の入院先に呼ばれてるから帰りに寄ります(病院同士近距離)、
その時にまた細かい話をすると病院を後にしたけど、
車の中ではいろいろな不安が募るばかり。


ローズが亡くなって、まだ10日やというのに、
猫神様はまた新たな試練をくだされたもんやな。

もう、次から次へとあっぷあっぷですって・・・。

でも、突き進んでいくしかないな。



スポンサーサイト
【2013/06/29 06:11】 さびちゃん改めもみじ | トラックバック(0) | コメント(4) |
ローズ、またね。

神様に願いが届き、天に昇るローズの傍にいることができました。
享年15歳。







最期まで親孝行もんやった
出社までのタイムリミットは5日間やったんやけど、
お葬式の日まで残して4日目に旅立った。
お願いやから、お母ちゃんのおる時に看取らせてと
ささやいた私に気遣ったんかも知れない。
申し訳ないな…。


食いちんのローズが4日もごはんを食べれなくて
お水すら飲めなくて、
さぞかしお腹が減って喉が渇いたやろな。
熱も出っ放しで苦しかったやろな。
よくがんばったね、お疲れさん、もうゆっくり休んでや。







ローズは、14年ほど前に
ペットショップからレスキューしてきた犬たちのひとりやった。
男の子は実験場に、女の子はパピーミル(繁殖場)に送られると聞き
それはあまりにも不憫なので全頭引き上げた。

その時にラブだけでも4頭いたんやけど、
ローズは黒ラブの男の子とペアやったので、
黒ラブを「ジャック」、そしてチョコラブを「ローズ」と命名。
そぉ、タイタニックから名前をいただいたんよね


後に、動脈管開存症、
股関節形成不全と診断されたので手元に残した。
普通に歩けるようになって、
こんなに長生きするとは思ってなかったから。


実は、ローズにはもうひとつの悲しい過去があって、
1度売れて行ったにもかかわらず返品された経緯がある。

なんでわかったかと言うと、
たまたま、しつけ教室に通った時のクラスに、
同い年のチョコラブさんの女の子がいて仲良くなって喋ってたら、
なんと!元ローズの飼い主やった!
そのチョコラブさんは、ローズの姉妹!

1度手元に置いてなんで返したの?!と思わず聞いたら、
股関節形成不全やったのがわかったから交換して貰ったって。

話にならん!
あんたのせいで、もう少しでローズはパピーミル行きやで。


そんなローズをおとんぼに、
たくさんの先代犬たちに囲まれて暮らしてきたけど、
とうとう犬の居ない生活になってしまった。




主がいなくなった歩行器が寂しそうに見えるわ。
猫たちも、残されたローズの匂いをくんくんして。



ひとつだけ心残りがあるねん。
歩行器で楽しそうに小走りするローズの姿を残したかった。

ひとりでは散歩の動画は撮れないし、
私の休みはほとんど平日で、
家人の日曜祝日の休みになかなか合わせられなかった。

たまに休みが合っても、私が目覚めるともう出掛けてて
撮影の機会を逃したり。

だから、今度は絶対に撮影してもらおうと
6月の23日(日)に会社の休みを入れてて、
その日は家におってとアポ取るつもりたんやけど、
ローズが14日に倒れてしまって…
まだまだ元気に過ごすと思ってたのに。


ほんまに残念やけど、YouTubeで動画を残してたので
少しだけあきらめもつきました。






ローズは9ヶ月も寝たきり生活をしてたけど、
元気に過ごしてこれたのは歩行器のお陰やと思う。

私が早歩きするくらいのテンポで
たったたったと力強く地面を踏みしめるから、
上半身の筋肉が維持できて、布団の上でも前足ではねてた。


チビ太の車いすさん、KOBO工房さん、
本当にありがとうございました。
リース車は箱が用意でき次第お返しします。
また、次に活用しはるわんこさんにも元気の素となりますように








かわいいローズ、またね。
たくさん愛してくれてありがとう。



【2013/06/22 07:12】 わんこのローズ | トラックバック(0) | コメント(16) |
里親さん便り&ローズ肺炎

N家姉妹さんからも里親さん便りをいただいてたのにUPが遅れてしまった。
いつもかめかめ更新ですみません○┓






左側のおっきい子達がうちから里子に行ったさく&ももちゃん。
哺乳瓶で育てたとは思えんくらいデカなった

右側上は、戸をカリカリかいてた子ちゃしろーちゃん。
右側下は、車がビュンビュン走る新御堂の高架でうずくまってたちまりちゃん。
このふたりは最近まで里親募集してた子達なんやけど、
この度うちの子宣言しはりましたぁー、うちのあんちゃんと一緒らな。


我が家は6にゃん、N家姉妹さんちも6にゃん
譲渡した時は先住猫さんがおひとり様やったんやけど、
お見合いしに来た時に猫神様を連れて帰りはったみたいで、
そっから大漁節で拾う拾う~なんか申し訳ないですけど、
これもご縁っちゅーことでがははと笑ってN家姉妹さんと開き直り?ました。

里親さんからボランティアさんに転身されてご苦労様です<(_ _)>







ローズばあさん、急に具合が悪くなって14日の夜中に入院。
同日、9日に出所(退院)させたばかりの姪が早くも逆戻りで再保護入院・・・
ローズが入院しただけでもあっぷあっぷやのに、なんでこーなるかな。


Fちゃんはローズを可愛がってたので、動物病院までお見舞いに
付いてきてくれて、ついでに姪の入院の用意と人間病院にも付き合ってくれた。
幸いやったのが、動物病院・姪の家・人間病院が近場やったこと。
うちから高速に乗らないといけない場所やったので、それだけはツイテたかな。






家で使ってた布団を動物病院に持ってって、さっそく敷き変えた。
もう長い間寝たきり生活なので、うっすら床ずれがあるもんで可哀想やし、
うちの匂いがする使い慣れた布団で少しは安心するよね。

診断は肺炎。

もうすぐ15歳になる老犬やから、
あっという間に悪化し首すら持ち上げられへん。
定期健診は良好やったし、前日までご飯を食べてたし、
歩行器で散歩に出てたくらいやから、
肺炎にさえ罹れへんかったら、
まだまだ元気に暮らせたと思うと悔しくて仕方がないわ。
見逃した私も私やけど!


入院する3日前にうちに遊びに来てたFちゃんは、
ローズのあまりの変わりように涙を流してた。
もう家に連れて帰った方がええんとちゃうとFちゃんはいうし、
先生は一番強い抗生剤入れたからともう少し治療をって感じで、
とても悩んだけど、あと1日くらいは入院させて可能性に賭けようと。


でも、それはすぐにくつがえされた。
あくる日の朝に看護士さんから電話が来て、
「もうローズあかんで!いつ来れる?!」って。
受話器からは、激しい息遣いが聞こえてきて、もう間に合わないかもって思った。

そこから高速を飛ばして45分後に病院へ着いて、
入院室へ一目散に走ったら、息をしてない・・・遅かった。

でも、よくよくおなかを見ると動いてる???
あれ、さっきは恐ろしいほど息使いが荒かったんじゃ?!
今まで看取ってきた子と、同じ息をしてたよ???


後ろから、先生や看護士さんらが次々にやって来て、
「もうな絶対にあかんと思った、もう間に合わへんと思った。
 ほんだらな、ローズ帰ってきてん。」って同じことを言うてた。


状態はよくないけど、待っててくれたことがうれしくてありがたくて、
もう連れて帰ることに迷いはなかったんやけど、
先生も、ここで死ぬんは可哀想やから連れて帰りって。

帰りの車の中で逝ってしまうかもと心配もよぎったけど、
病院でひとり寂しく死んでいくよりは、たとえ車の中でも私と一緒やし。
そんなことを思いつつも、意外に車の中では穏やかやってよかった。
(ちなみに先生は車の中で死んでしまうと思ったらしい。)






ローズが帰ってきた時のために掃除してマットを丸めてあったので、
三毛組が「ローズちゃんは?」と不思議そうに探してた場所に、






ローズが戻った

うちではたいしたことをしてやられへんけど、ほっとしたよね。
うちに帰れてうれしいよね。お母ちゃんもめちゃうれしい。


先生が血管を確保したまま帰してくれたので、静脈点滴も入れれるし、
抗生剤とかも持たしてくれたので助かった。

たびたび熱が40度を上回ろうとするので、39度5分を過ぎると
アイスノンと氷水で体を濡らして熱を下げないといけないし、
胃からの出血や時折ちいさな痙攣も起こしてるので
限られた時間しか残されてないと思うけど、
傍にいてローズを見送りたい。
めろんやまめの時のように、ひとりで逝かせるのはいやや。
私のお父ちゃんの死から連続3回も死に目に会えてないから凹みまくりやし。


でも私が休むことで、
公休やった遅番の人が借り出されて休み返上になるから、
だいたいそんな勤務体制に問題ありやけど、
人に迷惑を掛けるには変わりないので、
私はどこまで我を押し通して休み続けれるんやろう。
人間の病気やったら当たり前の様に休みが取れるのに、
動物やったら変人扱いでばかにされ、そんなことで迷惑掛けるなって思われる。


でも、ローズと一緒にいたい。
いつも猫達の後ろで控えめに過ごしてきたローズが不憫で、
いつも聞き分けのいいローズを後回しにしてきたのが本当に申し訳なくて、
せめてローズの最期を見届けてあげたい。神様お願い。



【2013/06/17 04:28】 わんこのローズ | トラックバック(0) | コメント(8) |
| ホーム |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。