スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
まめ、またね。


まめ 2000年春生まれ~2012年10月26日虹の橋へ


まめとの出会いは、
うちの横の路地でのら猫かあちゃんが子育てしだしたのが始まり。
ガリガリになり必死で育ててるかあちゃんと、
兄弟姉妹がお腹をすかせている姿が可哀想に思いご飯をあげだした。

その後、これ以上増えないように捕獲して不妊手術し、
自宅が猫嫌いに囲まれているため、物置を買ってきて
秘密の入り口をくり貫き中を猫小屋に改造して
猫たちの存在が目立たないようにし、
冬にはそこにヒーターを入れ、猫の額ほどの庭で見守ってきた。
いつ近所の人に見つかるかと何年もヒヤヒヤしながら。


不妊手術をしてるから、行動範囲が狭く親兄弟姉妹が仲良く暮らしてて、
私の車の音を聞きつけると、みんなで駆け寄ってくる姿がかわいかったぁ
でも、どの子も触れない子やった。
外で暮らす子は、下手に慣らすと虐待の対象になったりして危ないから。

一度、まめが2ヶ月齢の時に捕まえれるチャンスがあったんやけど、
危機を感じたかあちゃんの悲しい表情を見たら捕まえれなかった。
今から考えたら、感情を押し切ってでも子猫は捕まえて慣らし里親募集、
かあちゃんだけをTNRすればよかったとは思うけど、
当時は、TNRでいっぱいいっぱいやったんかもな。


数年経ち、
兄弟姉妹は次々に姿を消し、かあちゃんとまめだけが残った。
奥の方の住宅街のため限られた車しか通らへんし、
病気の管理もしてたので、今でもなぜ忽然と姿を消したのかわからへん。


それからまた数年経ち、
かあちゃんが歳老いて、酷い口内炎で水を飲むのすら辛くなったとき、
もう家に入れなあかんと思い捕獲したんやけど、
片時も離れたことがないお母ちゃんっ子やったまめが発狂したので
後日まめも捕まえた。


かあちゃんを抜歯して口内炎はある程度収まり、
これから、かあちゃんもまめも家猫でゆっくりと暮らせるんや
と思ってた矢先に、かあちゃんが腎不全で亡くなってしもた。

かあちゃんの亡くなったことが理解できず、
外にいるもんやと思い込んだであろうまめは、
それから猫小屋のある窓に向かって1ヶ月近く鳴き続け、
やむなくリリースすることに…。


それからもいろいろあったけど、2008年の大晦日、
裏の戸の前で、観念したのか自分から入れてほしいと言うてきた。
入れた途端に猫ベットの中に潜り込み(笑)もう外へ出たいと
鳴くこともなく、まめを家猫にしたいと思ってた願いが叶った瞬間


もうひとつの願いは、触れるようになりたいこと。
それも、苦節10年を経て叶った。


白血病キャリアを陰転させ、口内炎も抜歯でなんとか克服、
3度の入院で危ないことも多々あったけど、その度に乗り越え、
まめは、とってもがんばった。


これからは、ずっとずっと幸せに暮らすはずやったのに…。



9月から、腎不全末期のため強制給餌と自宅点滴開始。
その間、ゆきっちゃん保護や、あんちゃんの家猫修行、
はっちゃんの里親募集、そして、わんこのローズが寝たきりになって
ダブル介護にも突入し慌しい日々になった。

穏やかに過ごしてほしく、極力通院も避けたかったので、
先生に無理をいうて使う薬品も自宅にすべて揃え、
サプリも取り寄せて、自宅介護に専念することに。


でもその甲斐なく、10月21日に容態急変。
尿毒素が回ったのか、水も飲めなくなった。

もう危ないなと思い、1週間のうちに休みを4日間入れて
もらったんやけど、26日は、どうしても外せない
人がいない間の最短3時間勤務ということで出勤した。

出掛ける前に
横たわるまめの目を見て、「絶対、帰ってくるまで待っててや。」
と手を握ったら、にぎにぎと握り返してくれた。
後ろ髪を引かれる思いで出勤…。

あと30分で帰れると思ったとき、自宅から電話があった。
その瞬間、もう何が起こったのかわかった。
家人♂が帰ったら、既に息がなかったらしい。


なんてこと…かわいそうに、ひとりで逝かせてしまった。
変な責任感なんか捨てて、会社なんて休めばよかった!!
後悔先に立たず、何度繰り返したら学習するんや、私のあほ!!

最期を看取れないことは、
親にとっても子にとっても一番辛いことなのに…。






約束を果たせなかったと思ったら、まめが悲しむから、
もう二度と握り返してくれることのない手に触れながら
「約束のことは、もうええんやで。
 お母ちゃんこそ、おらへんでごめんな。」と伝えた。






まめが大好きで、闘病中もずっと舐めてくれてたたまが
お別れの挨拶をしてるんやろか。






28日に、
まめのかあちゃんが眠ってる京橋の慈愛院(お寺)でお葬式をした。
生駒で火葬した帰り際に、お坊さんが、
「帰ったら、お気に入りの場所へ一度置いてあげてくださいね。」
と言うたので、日向ぼっこをして好きやった窓辺に一旦座らせたら、
おかえりと言わんばかしに、たまとはなが寄り添って。

ここは、猫小屋があった場所でもあるから思い出深いと思う。







かわいいまめ、またね。

そして、ごめんね。

関連記事
【2012/10/29 04:52】 まめ | トラックバック(0) | コメント(20) |
<<ありがとう / 今日のはっちゃんvol.8 | ホーム | 家猫修行卒業かな?>>
comments
----
まめちゃんが旅立って行ったんですね。
私も仕事を休めず、オリバーを看取ってあげられませんでした。
人間の子どもなら堂々と休めるんだろうに、
仕事に行かなくてはならないのが辛くてたまりませんでした。
キョロさんもお辛かったですね。
でもまめちゃんは、これまで一生懸命お世話してくれたキョロさんに、
「ありがとう」って言っていると思いますよ。
まめちゃんは生まれたときからずっと見守って来た子だったんですね。
白血病も陰転させたなんてすごいじゃないですか。
8歳で家に入ったのに、たまちゃんともこんなに仲良しになれて、
まめちゃんは幸せだったと思いますよ。

まめちゃん、よく頑張ったね。
ゆっくり休んでね。

【2012/10/29 10:32】 URL | じゅり母 #sowQq82.[ 編集] |
--またね--
まめちゃんとキョロちゃんにはそんなに長い歴史があったのか…。

いろんなことを自分で決められる子だったんですね。
生みの親とも長く一緒にいられたし、キョロ家に入ると決めてからは新しい家族も得て、
何よりキョロちゃんにこんなに愛されて。
自分の望んだ通りに生きられた、すごく幸せな生涯じゃないですか?
旅立ちのときも、何か理由があってそうしたような気がしてなりません。
だからキョロちゃん、あんまり自分を責めないでね。

まめさん、ゆっくり休んでください。
いつか会おうね。
【2012/10/29 10:36】 URL | マイクママ #-[ 編集] |
----
最期を看取れないの、つらいですよね。
でも、まめちゃんの手をニギニギしたキョロさんの気持ち、
まめちゃんに、あったかく伝わったと思います。
かわいいまめちゃん、頑張ったね。
まめちゃんヒストリーを読んで、まめちゃん幸せだったと思いました。
【2012/10/29 18:34】 URL | こまきねこ #GTMsVC1o[ 編集] |
--またね。。--
まめたん、ママに会えたかな。
いっぱいがんばったから、いっぱい褒めてもらえるね。
ゆっくり休んでね。
みんなをみまもっててね。
【2012/10/29 18:49】 URL | 杏 #72f2XA5U[ 編集] |
--またねキョロ姐さん--
ちょっと出かけてくるだけだから、また会うから、あえて「さよなら」はしないよ。
そんな、気分だったのかも。まめちゃ。

生まれた時から、旅立つ時まで誰かに見守られて、自分の思う一生を過ごせる生き物は人間も含めてそう沢山はいないよ。
まめちゃはムチャゴローさんに出会って、かなりラッキーな猫生を手に入れたと思う。

まめちゃに会った時の、少し「むぅ」として面差しが可愛いなーと思いました。
キョロさん、少し落ち着いたかな?涙、ボロボロだったら、とりあえず、ケーキ3コ食べてみて。
【2012/10/30 10:32】 URL | kissafe #-[ 編集] |
----
まめちゃん

キョロちゃんが行ったら
しっぽをぴーんとあげて
ママと一緒に迎えてあげてね

キョロちゃんと抱き合って
にぎにぎして。

楽しいよね
いっぱい遊んでいっぱい走って
そんな日が待ち遠しいね。

キョロちゃん、それまで
がんばるって、待っててな。
【2012/10/30 13:33】 URL | ちゅう* #co9xvPLk[ 編集] |
--またね。。。--
そうでしたか。。キョロさんつらいね。。。

最期を看とれない辛さ、ようわかります。
けどまめちゃんはお家で旅立てたんやから、まだ幸せですよ。
うちは、お母ちゃんの放射線治療でバタバタしてる時に具合が悪くなったラビを
家で面倒が看られないという理由で入院させたんですが、
退院することもなく病院でひとり逝かせてしまいました(涙)

元気になって帰ってくるもんとばかり思ってたんで、すごくショックで…
そんなに悪いんやったら、せめて家で逝かせてやりたかった…
だって家やったら、(最悪私は留守でも)他の子もみんな居ますもんね。

病院で、たったひとりで逝かせてしまったことをすごくすごく後悔したので、
この春テトに入院を勧められた時は断固拒否しました。
そしてこれから先も、「どの子も最期は家で」と思ってます。

そういう意味でもまめちゃんは幸せやったと思いますよ。
そしてきっとキョロさんに感謝してると思います。

かわいいまめちゃん、キョロさんにいっぱい愛されて幸せやったよね。
ゆっくりお休みね♪

キョロさんもお疲れさまでした。
【2012/10/31 01:08】 URL | チョコビ #TXsCAm0Q[ 編集] |
--また、会おうね--
まめたん、虹の橋へ旅だったんやね。
初めて会った時、それから2度目に会ったら別猫のように穏やかな顔になっていたまめちゃん
今でも、思い出すよ。可愛い顔で猫ベッドから睨んでいた顔を無理矢理、撮影してごめんな
ぼんぼんと一緒に長生き競争やと思っていたのに、一足先に逝ってしまった
今頃は元気に走り回っているよね、おかあちゃんとも会えたかな

最後はおそとじゃなくて、温かい家の中でみんなに見守られながら旅立てて幸せだったよね。
キョロさんにはいっぱいの有り難うの言葉を残しているよ
保護して貰えなかったら、とうに失ってましまった命、これを助けてくれた優しいキョロさんに感謝していると思うよ

見取れなんだのは一番辛い事やけど、病院でひっそりと息を引き取ったらもっと辛い

まめちん、一番好きな場所に帰ってきて嬉しかったやろうな

キョロさん、仕事との両立で辛い思いをしたけど、まめたんはちゃんと分かってるよ

お疲れ様、まめちんの冥福をお祈りします
【2012/10/31 08:43】 URL | もまま (もっぷのまま) #P0vgGwAM[ 編集] |
--じゅり母さん、ありがとうございます。--
レスがたいへん遅くなってすみませんでしたm(_ _)m

じゅり母さんも、仕事で最期看取れなかったんですか…辛かったでしょう。
ほんまに、人間の子供なら堂々と何日でも休めるのに、
猫というだけで、遠慮せなというかわかってもらえんのやもんね。

白血病と書いてしまったけど、白血病キャリアの間違いで(すみません。)、
でも陰転してくれた時は、本当にうれしかったです。

たまは優しい猫で、まめを唯一理解してくれる心の友やったと思います。
まめが呼べば、どこからともなく走ってくる姿が微笑ましくて、
たまがおってくれてよかったです。

まめが、「ありがとう」っていうてくれてたら救われます。
あたたかいコメントをありがとうございました。
【2012/11/01 06:24】 URL | キョロ #YqN.Cq0E[ 編集] |
--マイクママ、ありがとうございます。--
レスがめちゃめちゃ遅なってすみませんm(_ _)m

そぉ、まめとはいろいろと長い歴史があったんですわ。
普通は男の子なら親離れするんやろけど、大好きな生みの親
かあちゃんと何年も一緒にいられたことは幸せやったと思います。

言われてみれば、
まめは自分の意思でにゃん生を決めてきたのかも知れへんね。

私へのお気遣いとあたたかなコメントをありがとう。
【2012/11/01 06:48】 URL | キョロ #YqN.Cq0E[ 編集] |
--こまきねこさん、ありがとうございます。--
レスが、たいへん遅くなりすみませんでしたm(_ _)m

最期を看取れないことは、ほんま辛かったですが、
猫たちが傍にいたことだけが、せめてもの救いです。
私の気持ち、まめにうまく伝わってますかね。

>まめちゃんヒストリーを読んで、まめちゃん幸せだったと思いました。

そう言ってくださると、心が少し穏やになれます。
あたたかなコメントをありがとうございました。
【2012/11/01 06:57】 URL | キョロ #YqN.Cq0E[ 編集] |
--杏さん、ありがとう。--
レスがたいへん遅なってごめんなさいm(_ _)m

まめは、大好きなかあちゃんに会えて
すりすりしていっぱい甘えてると思う。
よくがんばったね、えらいねって褒められてるよ。
ほんまに、がんばったもん。

これからは、かあちゃんと一緒に
お空の上からみんなを見守ってくれるね。

あったかいコメントをありがとう。
【2012/11/01 07:04】 URL | キョロ #YqN.Cq0E[ 編集] |
----
まめさんの猫生は大好きなお母さんに守られ、キョロさんに守られ、しあわせな一生だったはずです。
キョロさんご苦労様でした。

まめさんのご冥福をお祈りいたします。
【2012/11/01 15:22】 URL | おでぶにゃんこ #-[ 編集] |
--kissafeさん、ありがとうございます。--
レスが、めちゃ遅くなってすみませんでしたm(_ _)m

またいつか会えるから、さよならしなかったんかな。

そうやね、外では母ちゃんがあたたかく見守ってくれたし、
家に入るときも自分の意思で入り、自分の思う一生を過ごしたかも知らん。

kissafeさんが来てくれたとき、まめが「むぅ」っと接待してたね。
元気な間に会ってもらえてよかった。

とりあえず、ケーキやら甘いもんやらバカスカ食べました。
ちょっとまし。

やさしいコメントをありがとう。
【2012/11/02 01:04】 URL | キョロ #YqN.Cq0E[ 編集] |
--ちゅうちゅう、ありがとう。--
レスが、たいへん遅くなりごめんくさいm(_ _)m

ちゅうちゅうが、まめに語りかけてくれる言葉で、
胸の支えも少しだけ溶けました。

しっぽをぴーんとあげて、
かあちゃんと一緒に迎えに来てくれるときが待ち遠しいね。
もう一度、にぎにぎしたい。

でも、私はまだまだやらないといけないことがあるので、
それまでおあずけやね。
これからも、前を向いてがんばりますわ。

ちゅうちゅう、癒しのコメントをありがとさんでした。
【2012/11/02 01:14】 URL | キョロ #YqN.Cq0E[ 編集] |
--チョコビ姐さん、ありがとうございます。--
レスが、めちゃ遅なってすみませんm(_ _)m

チョコビ姐さんも、病院で亡くしはったたんですかぁ・・・辛いね。
3年前、めろんを手術後そのまま病院で亡くしたから、
姐さんの気持ち、めちゃよくわかりますわ。
まして、元気になって帰ってくるもんやと思ってはったから、
そのときのショックや悲しさも尋常じゃないよね。

そうやね、姐さんの言う通り、まだ家やったから、私がおらんでも、
慣れ親しんだ場所で、猫に看取られながら逝ったのかも知れないね。

私も「最期は家で」と思ってるし、それは先生もよくわかってはるので、
私の無理を聞いて自宅で医療もさせてくれました。
お陰で、まめの嫌いな病院へもほとんど行くことはなく、
その点については、よかったと思ってます。
まめが幸せやったと思ってくれてたらいいんやけど。

あたたかいコメントと私へのお気遣いありがとうございました。
【2012/11/02 01:33】 URL | キョロ #YqN.Cq0E[ 編集] |
--もまま、ありがとう。--
レスが、めちゃめちゃ遅くなってごめんm(_ _)m

もままには、まめと2回会ってもらったな。
家庭内野良してた時のまめと、人にも慣れて家猫になった時のまめ。
かわいい表情になったんを見てもらえてよかったわ。

ぼんぼんと長生き競争してたけど、ついに逝ってしもた。
けど、大好きなかあちゃんに会えて、おもいっきり甘えて幸せにしてると思う。

おそとで、ひとり寂しくひっそりと消えていかずに、
私はいなかったけど、家の中で猫たちに見送られ旅立てたことはよかったかも知らん。

帰ってきてから、まめは一番好きな場所に座ってご機嫌で窓の外を眺めてたと思うよ。
たまとはなが寄り添う姿を見て、そう思った。

もままも、まだまだぼんぼんのことでたいへんやろけど、
辛いこともいっぱいあるやろけど、へこたれんとがんばったってな。

あたたかいコメントをありがとう。
【2012/11/02 02:07】 URL | キョロ #YqN.Cq0E[ 編集] |
--おでぶにゃんこさん、ありがとうございます。--
おでぶにゃんこさんに、そういうてもらったら少し救われます。
男の子やから、普通なら親離れせなあかんところを
大好きなかあちゃんとずっと一緒におれたこと、
私はじめ大家族ができたことは多少なり幸せやと感じてくれてたかも知れませんね。

あたたかいコメントをいただき、
まめの冥福を祈ってくれはってありがとうございましたm(_ _)m
【2012/11/02 02:25】 URL | キョロ #YqN.Cq0E[ 編集] |
----
気になりながらも忙しいと思ってメールせずにいたけど、
更新されてたことに気付かず、
今、まめさんのことを知りました。
ごめんなさい・・・。

まめさん、本当に頑張ったね。
まめさんもキョロさんも、お疲れさま・・・。
最期まで痙攣で苦しむことなく過ごせたんやね。
亡くなった時、キョロさんは仕事してたけど、
ひとりぼっちで逝ったんと違う。
きっと一緒にいて、仕事をしてるキョロさんを見てたと思う。
それに、その瞬間にも、
たまちゃんがキスをしてくれてたんと違うかな。
みんな家族やもん。しっかりと繋がってたと思う。
まめさんがお空に行ってからも、
たまちゃんをはじめ、みんなが
生前と同じように一緒にいてくれたり、
キスをしてくれるって嬉しいよね。
お口の周りも可愛いまめさん、これからもずっと一緒やね!

ローズちゃんのことも応援してくれてると思います!
【2012/11/07 21:52】 URL | ramby #OcIxpTxI[ 編集] |
--rambyさん、ありがとうございます。--
まめ、とってもがんばってたよ。
闘病中に痙攣を起こさずに済んで、それだけでも救いやったわ。
最期を見てないからわからんけど、その時だけは起こした形跡はあんねんけどな、
みんな亡くなる時は、少なからず起こすからね…。

ありがとう、まめはひとりぼっちじゃなかったって言うてくれて。
たまが甲斐甲斐しく世話をしてくれてたので、一緒におってくれたかもね。
生前と同じように、鼻チューしてくれてうれしかったし、
その様子をカメラに収めることができたので少し心が安らいだかな。

泥棒マークの口元がかわいくて好きやったわ。
ローズやみんなをお空の上から見守ってくれると思う。

あたたかいコメントをありがとうございましたm(_ _)m
【2012/11/08 05:16】 URL | キョロ #YqN.Cq0E[ 編集] |
please comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://kyoro3kyoro.blog61.fc2.com/tb.php/123-b672d67b
| ホーム |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。