スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今日のはっちゃん Vol.11  はっちゃんの謎

ご支援ありがとうございます。

11月17日  大阪府 チャコちゃんのママ様  ご支援金 1,631円
キョロの収支報告はこちら








今日のはっちゃん Vol.10 の続きです。


なんでFちゃんが、はっちゃんに
していいことわるいことを教えなあかんかったのか?


実はね、はっちゃんは甘噛みがでけへんかってん。
攻撃的ではないんやけど、カプっときてた。
1番目に預かったおじいちゃんとこではしてなかったけど、
2番目に預かったおばあちゃんとこではカプっとしたらしい。


特に、顔の辺りに手を持ってったり、
何気なく足を持ってくと、カプっ

これは、きっと外にいる時代に心無い人から
えらいめにあってたんやなーって思う。
身を守るためについた知恵、防御ってやつやね。

それが長い月日を経て、反射的に体に染み込んでるから、
矯正するのがたいへんやってん。


後で聞いたんやけど、長期で預かってたおばあちゃんが、
はっちゃんをケージに閉じ込めたまま、手や足でちょちょいと、
しょっちゅうはっちゃんをおちょくっていたそうな…。
ケージから反撃できないはっちゃんはかなりイラついたやろうし、
その行為が輪をかけて噛むことを助長したと思う。







そんなはっちゃんに、Fちゃんは体を張って
知って噛まれる場面をたくさん作ってね、
その度に、「だめっ」って根気よく教えてくれた。

お陰で、Fちゃんの手は傷だらけ。
猫アレルギーがあるから、よけいに腫れるねんな。
とっても、申し訳ないと思った。

なんで、私らがこんな心労を抱えなあかんのかと、
いつもは弱音を吐かないFちゃんがぼそっとつぶやいた。
その後に、はっちゃんがどこのおうちに行っても
愛されるようにカプつく癖を直してやりたいねんとも。


一度根付いた癖を直すのはたいへんで、
甘噛みに持っていくまで結局2ヶ月以上掛かった。


あ、はっちゃんの名誉のためにいうとくけど、
トライアルが失敗に終わったのは別の理由でですよ。

そもそもは1番目の先住猫さん(女の子)のストレスで
ギブアップ気味やってんけど、その子は猫嫌いでね、
はっちゃんの隔離部屋に入り込んで喧嘩を売ったそうです。

はっちゃんは身を守る防御のためなのか、
それとも応戦したのか、私は見てないのでわからんけど、
えらい喧嘩になったらしく、
それで怖なってリタイアしはったんですわ。
はっちゃんにも、カプつかれたそうやけど、
それが直接の原因ではなかったみたいです。

おばあちゃんからの引継ぎの情報が不確かで、
そんなに噛む癖があるとは知らなかったので
当時はびっくりしました。







話を戻しますけど、
2ヶ月以上の矯正を経てわかったことがあった。


Fちゃん曰く、
どうやらはっちゃんは、愛情表現する時も噛みたいらしい?


なんでかというと、
はっちゃんはFちゃんの膝の上で甘えるのが好きやねんけど、
腕の上に顔を乗せてご機嫌さんのときにも、
上目遣いでそーーーっと「か・ぷ」ってすんやって(笑)

わるいことってわかってるから、ゆっくりと優しく「か・ぷ」
ぜんぜん痛くないの。

これも、今となっては、
噛みたい衝動を抑えて、「ぺろぺろっ」と舐めてくれるらしい。

実際そのシーンを見たけど、「ぺろぺろっ」やった
見辛いかも知れんけど、
下の動画の最初にそのシーンが映ってます。







ちなみに、私は1回もカプつかれてないんよね。
当初から触りまくってるんやけど、なんでやろ?
愛されてへんのかしら



01_20120904053643.gif



以上、長くなりましたが、はっちゃんの短所も正直に書きました。
過去の悲しい経験から根付いたものやと
ご理解いただけましたら幸いですm(_ _)m


成猫で保護されただけに、過去の謎が多いはっちゃんですが、
決して凶暴ちゃんではなく、よいこで可愛いキジトラの男の子です
よろしくお願いします。




ぽちっと応援よろしくお願いします。にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ ありがと○┓


関連記事
【2012/11/22 07:19】 はっちゃん | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<三毛組 | ホーム | あんちゃん、性格もからだも丸なった>>
comments
----
はっちゃんは噛む子やったんですね。
アレルギーがあるのに体を張って噛んだら駄目と教えてくれるなんて、
Fさんは本当にありがたいお友達ですね。

甘えるときにもつい噛んでしまう、
私が保護した大人猫のラミィもそうなんです。
でも暢気な私は「なおそう」という意識が無くて、
「なんで嬉しい時に噛むんやろうねぇ。これじゃ里子に行けんやん」
と話しかけるばかりで・・・・
ラミィは結局実家の子になったのですが、
やっぱり甘え気分が向上して来るとガブするようです。
怪我するような噛み方じゃないですけどね。
「愛されている証拠だ」と笑ってちゃダメですね~。
Fさんは偉いなあ。

どうかはっちゃんをよく理解して愛してくれる家族が見つかりますように!
【2012/11/25 10:10】 URL | じゅり母 #sowQq82.[ 編集] |
----
そうなんですよ、はっちゃんカプっときてましたi-202
Fちゃんは、犬派で訓練もしてた子やから、ほっとけなかったんでしょうね。
やっぱ、次の家に行ったら困るし。
いつも自分のことを省みず、ほんまええ友達です。

ラミィちゃんもそうやったの?!
普通は、猫には矯正しようとか思わないやろうから、
暢気ではないと思いますけどf(^^;)
でも、実家やったら気を遣わなくてもよいから羨ましいなぁ。

そういえば、うちに来た子達も、甘え気分が向上すると、
痛くないけどほっぺたに噛み付く子が3頭ほどいましたわ。
みんな成猫やったけど、そんな子意外に多いのかもね。

はっちゃんの新しいご家族ゲットがんばりますねi-184ありがとう。
【2012/11/26 04:38】 URL | キョロ #YqN.Cq0E[ 編集] |
please comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://kyoro3kyoro.blog61.fc2.com/tb.php/128-2c9c41b8
| ホーム |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。