スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
「空飛ぶ車いす」と「チビ太の車いすレンタル車」

「空飛ぶ車いす」って活動、知ってはります

私は今まで知らなくて、
うちにある車いすが誰かの役に立てばいいなぁ~って検索してたら
辿り着いたのが、空飛ぶ車いすのボランティアリレーやった。



01_20121205065657.gif

引用:アジアには車いすを利用できない高齢者や子供たちが大勢います。「空飛ぶ車いす」は、そんな人たちに日本で使用されなくなった車いすを工業高校生が整備してプレゼントする活動です。「空飛ぶ車いす」は高校生を中心に、車いすの「提供」、「修理」、「輸送」、「現地受け取り」など、各々「無理なく出来ること」を分担するボランティアリレーです。またタイヤ購入、輸送経費などに活用するために「書き損じはがき」収集で参加される方もおります。そしてこれまで25カ国、5千人を超える方々に届けています。

01_20121205065657.gif



日本では、車いすが年間推定5万台も処分されてるそーな
もったいないなぁ~、何でも使い捨てなんやな、日本は。
たしかに、粗大ゴミで捨てるとうちらでは300円で処分できるんよね。

この活動やと、引取りの際の運搬費として、
ノンフィクション童話「空飛ぶ車いす」の献本代
1,260円が掛かるんやけど、車いすを捨てずに済むし、
車いすと本のダブルで貢献できるんやから、めちゃイケてると思う


それに、おんぼろやけど、
この車いすには思い出がいっぱい詰まってるしにゃ…







私が介護しだしたのは30年ほど前で、
当時は介護保険制度の「か」もなくて、今みたいにリースがあるわけでもなく
車いすも介護ベッドもみな自己負担せなあかんかってん。
加えて、365日24時間すべて家族が看んとあかんえぐい時代ら


私は、”3丁目の夕日”の少し後に生まれてるんやけど、
両親は大正生まれやったもんで、
お父ちゃん、お母ちゃんというより、
おじいちゃん?、おばあちゃん?ってくらいの歳の差で、
子供心に友達の若いお父さん、お母さんが羨ましかった。
(あっ、歳の計算はせんよーにね!笑)


同時に、
じーちゃん・ばーちゃんのような自分の両親が恥ずかしくて、
子供の頃に、学校の行事に一切来ないでって暴言吐いてしまったり
それでも、母親って子供の姿が見たいから、そっと来るっしょ。
そんなお母ちゃんに「なんで来たん!」って酷いことを言うた記憶がある。
かなり、親心を傷つけたと思う…今でも悔やんでるねんけど…。


お父ちゃんは、海軍上がりやったからかとても厳しくて、
そしてお母ちゃんを泣かせて自分勝手なことばかりしていたので、
必要以上に会話することもなく、ずっと避けてきた。


だから、
普通の女の子のように、親と楽しく買い物に行ったり
レジャーに行ったりしなかった。
大きくなったらなったで、友達や彼氏と遊ぶのに必死で、
親との時間を持たなかった。
家出したり、歯向かったり、ろくでもない私


そんな時、お母ちゃんが脳溢血で半身不随になってしもて、
なんで、もっと一緒に出かけたりせぇへんかったのか、
なんで親孝行してこなかったのかとすごい後悔した。
楽しい思い出も作ってあげれずに、酷いことばっかりしたって。
私にとっても、共に出掛けた思い出が少ないのは辛い。
せめて、私が大人になるまで健在でいてくれたら、
楽しい思い出がいっぱいできたやろうになぁ…。


そんな背景があったので、
この車いすがきたときから、お母ちゃんとの”お出かけ”が始まった。
デパートでしょ、アウトドア、障害者のリハビリスイミング、
桜の花びらが舞う中、ふたりで通った並木道


ただひとつ残念なのは、
お母ちゃんがボケてしまって、私が娘やって認識がなかったので、
子供としての思い出は作ってあげれなかったけど、
それでも楽しい時間は過ごせたと思う。


後にお父ちゃんが脳梗塞で倒れてからも、
この車いすは十分役に立ってくれた。
若いときにあったお父ちゃんとの隔たりもなくなり、
晩年は仲良く車いすを押したもんやわ。


そんな思い出がいっぱい詰まってるから、
捨てることなんてでけへん。


両親を亡くしてもうすぐ5年。
空を飛んで、また車いすの活躍の場が来ると思うとうれしい




ローズの車いす(4輪歩行器)もリユース品なんよね。







もともとは、シェパードさんが使ってた車いすらしい。
多分、その子が亡くなって、
チビ太の車いす屋さんに引き取られたんやろけど、
そこから、サイズを調整したり、シートをさらに替えたりの
メンテナンスを経てローズの元へとやってきた。
そして、ローズばぁさんは救われたんよ。


ご飯のほとんどをシリンジで給餌してたのが、
この車いすが来てからというもの、
自力で少しずつ缶詰が食べれるようになり、
今では固形のフードをガブガブ食べれるくらい回復した。
めちゃボケてて意思の疎通がとり辛いねんけど、
毎日の散歩を心待ちにしてることは感じ取れるねん。


車いすが来た当初は、
よぼよぼした足取りで短距離しか歩けなかったけど、
今ではたったたったと早歩きして、
途中休憩は挟むけど近所1週回れるるねんで
っても、私が後からベビーカーみたいに押してのことやけど、
それでも大進歩やわ。


もし車いすがなかったら、ずっと一日中寝たきりやったから、
14歳のローズばぁさんの状態は落ちる一方やったと思う。
明けても暮れても、寝っぱなしなんて、
きっとおもしろくないに決まってるもん。


わんこでも、車いすひとつでこんだけ変われるんやから、
こんなおんぼろ車いすでも、
体の不自由な人の一筋の光になれる気がするねん。


車いすさん、空を飛んでお役に立ってや~今までありがとうね!




ぽちっと応援よろしくお願いします。にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ ありがと○┓


関連記事
【2012/12/06 04:08】 わんこのローズ | トラックバック(0) | コメント(4) |
<<今日のはっちゃん Vol.13  だっこ | ホーム | はっちゃんとあんちゃんのじゃんけん対決>>
comments
--ありがとうございます。--
心があったかくなりました。

知らなかったことを知る。知る。と言うことは、時に辛いことです。でも、今日知ったことは、とても温かいことでした。
ありがとうございました。
【2012/12/06 20:52】 URL | さごう #-[ 編集] |
--こちらこそ、ありがとうございます。--
この記事、恥ずかしいから公開にしようかどうか迷ってたんですけど、
さごうさんのコメントを拝見して、公開にしてよかったと思いましたi-228

「知る。と言うことは、時に辛いことです。」
ほんとですね、まさに今日、
毛皮にされる犬の釜茹で写真を偶然見てしまって辛かったです…。
でも、現実から目を背けてはあかんと思うので心に刻みました。

そんな中、さごうさんにあたたかなコメントをいただいて、心が少し穏やかになれました。
こちらこそ、ありがとうございました。
【2012/12/07 02:21】 URL | キョロ #YqN.Cq0E[ 編集] |
----
お久しぶりですキョロさん
「空飛ぶ車椅子」の紹介ありがとうございます。
実は、このプロジェクトに友人が関わっております。
お預かりした車椅子は、プロジェクトに参加して下さっている各都道府県の工業高校などで綺麗に整備されて送り出されます。
キョロさんからお預かりした車椅子も、どこかの高校生が心を籠めて綺麗にしてくださると思いますので、ご安心ください。
それにしても、ローズちゃん元気になったねぇ~v-10
【2012/12/07 19:01】 URL | ヴォータン #-[ 編集] |
----
ヴォータンさん、ほんまお久しぶり~。コメントありがとう。

ヴォータンさんって、こーゆー系(どーゆー系や?笑)の知り合いが多いね。
前もなんかの時に知ってはって、顔広いなぁ~って思ったことがあった(@o@)

うんうん、ほんで、工業高校の生徒さんらが直してくれはるみたいね。
事務局も、ちゃんとしてはるとこなんで安心してます。

ローズは、元気すぎて昼夜関係なくほえてうるさいもんで、
もうかれこれ2ヶ月睡眠不足で眠たい眠たい…v-12
まぁ、元気やからよしとしようってとこですわ。
【2012/12/08 00:42】 URL | キョロ #YqN.Cq0E[ 編集] |
please comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://kyoro3kyoro.blog61.fc2.com/tb.php/132-ef67b596
| ホーム |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。