スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
立ち止まる
今月初め、獣医さんの手違いで、めろんのワクチン接種のお知らせがきた。
それから、どんよりとした8月がはじまり、接種予定だった日を迎えるのが恐かった。

去年の18日は、去勢手術と目の手術とワクチンをしてやれた日。
やっとの思いで、めろんの引き取りに成功して、
これから、この子は幸せになれるんや~と、
19日に弾むような気持ちで獣医さんに迎えに行った。


そこから18日後に天使になるなんて夢にも思わなかった…。


私は、前向きでプラス思考やと、よく人に言われるけど、
めろんの事だけは、まるで時間が止まってるみたい。
心が痛い。
1年経とうとする今でも、鮮明に記憶が残っててなかなか癒えようとせぇへん。
手術後を思い出すといたたまれなくなって、思わず「めろん」と叫んでしまう。


15年以上共に暮らしてきた我が子達が亡くなっても、
ここまでペットロスになった事はなかった。
自分でも薄情やなぁと思うくらい思い出に変わっていってたもの。


ただ、過去に一度だけ、かなり落ち込んだ保護の子がいた。
飼えなくなったからとうちに引き取ったんやけど、その時からかなり状態が悪かった。
めろんみたいに私の後追いばかりして、片時も離れようとしなかった子。
起きてる時も、寝る時も、ずっと一緒やった。

一生懸命、病院へ通ったけど、うちに来てからたったの1ヶ月で天使になってしまった。
まだ3ヶ月の幼い子やった。
めろんと同じ様に、私の手元で看取ってやれなくて、死ぬくらい泣いた記憶がある。


病気で若くして命を落とすと、もっと手を尽くせたんちゃうかとか、
もっと他の治療方法があったんとちゃうやろかとか、頭でぐるぐる考える。

最期を傍で看取ってやれないと、
最期くらい家で抱いて逝かせてやりたかったと後悔する。

たぶん、このふたつが重なると、私の場合は、なかなか立ち直れないんやろな。


その子が思い出になるまで、約10年もの歳月を要した。
だから、めろんが思い出になるのも10年くらい掛かるのかも知れないけど、
じたばたもがかないで、思い出に変わる日をゆっくりと待とうと思う。



      めろんグッズを見つけては、ついつい買ってしまう(苦笑)
6861197906_20100829034145.jpg 7a95c066c4.jpg
          おもて                    うら



私が過去に書いていた某ブログ(訳あって、現在非公開)から、
めろんの軌跡を引っ張ってきた。
めろんがたしかに存在した証として、ここに貼っておこう。

記事文末にプチ朗報アリ


「爪きり」     a_futaba_yg.gif2009年03月31日 (土)


chikoさんご一行様がお手伝いに来てくださいました。
          

340490.jpg
かまってもらうのは、うれしいけど・・・



340491.jpg
爪切りはちょっとと、うれし哀しのメロンくん。



340493.jpg
それに、ちゃちゃを入れてみるシマくん。



340494.jpg
そんなことしてるから、捕まっちゃったよ
はいっ、キミも爪きりの刑



ご多忙の中、遠路遥々お越しくださり、撮影以外にも猫たちのお相手や
ケアーまでしてくださってありがとうございました。本当に助かりました^^


line-w500.gif



「メロンくんの里親様募集」     a_futaba_yg.gif2009年04月10日 (金)


meron2_20090410043909.jpg

どもっ メロンです。



meron_20090410043930.jpg

ぼくねぇ、おめめが見えへんねんけどね、こうやってフツーに歩けるし



meron-pyon_20090410043949.jpg

みんなとも遊べるんよ。今日のお遊びはネコじゃらしやね


そうですー、メロンくんしぇいかい!




001.gif



出会った時、この子のきらきらと輝く瞳はもうありませんでした。

瞳が萎えていくのにかかる長い長い気の遠くなるような時間、

どんなに痛くて辛かったのだろうと思うと胸がきゅっーと痛くなります。


でも、どんなことがあっても猫たちはいつも前向きに生きています。

メロン自身みえないことをハンディとしていません。

(※注・・・光は少し感じているかも知れません。)

部屋の間取りさえ覚えてしまえば、ごくごく普通の生活が出来ます。

どうかメロンを家族の一員としてお迎えいただけませんでしょうか。


お誕生日は推定2008年7月生まれ。彼は60匹の中で一番の

接待猫&甘えたさんです。お膝の上や肩に必死でよじ登ってきます。

どうか、健気なメロンくんをよろしくお願いします。



   ・去勢手術近日予定。   ・エイズ・白血病 共に陰性。
   ・ワクチン接種近日予定。   ・駆虫済み。
    ・フロントラインにてノミ駆除済み。



line-w500.gif



「ハンディのある子たち」     a_futaba_yg.gif2009年05月16日 (土)


目にハンディのある子たちの調子が最近特によろしくないです。


meron-eye_20100829014934.jpg

メロンくんは、瞼の内側がボコボコに盛り上がって眼球を覆っています。
それに加えて、鼻水がじゅるじゅる・・・鼻をブヒブヒ言わせながら、
しんどい呼吸をしています。



jyubei-eyes.jpg

じゅうべいくんの悪い方の目から、最近膿が出るようになりました。




mameta-eyes.jpg

まめたくんは、フラッシュをたくと、眩しいのか目を閉じました。
この子の目が光を感じるうちに、急いで治療をはじめないと
目は見開いていますが、目の表面がザラザラになって萎えてきています。



kurobei-eyes.jpg
クロベーくん。この子の悪い方の目からも膿が出ます・・・。




jack-eyes.jpg
ジャックくんだけは、今のところきれいです。ただ、この先どうなるか
わかりませんので、他の子同様、一度診せてやりたいと思います。




この子たちは、若くして目にハンディを負ってしまいましたが、
まだまだ未来のある子たちですし、これからの猫生を少しでも快適に過ごして
欲しいと心から願っています。

大阪に、有名な先生がいらっしゃる眼科の病院があります。
とりあえず、この5匹を、なんとか検査に連れて行ってやりたいと考えています。
そして、良い方向へ向かえるよう努力したいと思います。


line-w500.gif



「メロンくん」     a_futaba_yg.gif2009年05月17日 (日)


メロンはね、和歌山接待猫クラブのホストNo,1なんですよ。

人の気配?匂い?体温?声?わずかな光、影?

何かでわかるのでしょうか、すぐに駆け寄って来ます。

男の人でも、女の人でも。


1010092_20100829003744.jpg


そして、膝によじ登ってきます。

飛び乗るのではなく、よじ登る。

膝の上だけでは物足りないのか、顔を摺り寄せて甘えます。
ゴロゴロ ごろごろimage4357.gif離れようとしません。



用があるので下ろすと、

今度は、必死でしがみついて背中によじ登ってきます。

ぼくを置いていかないで、ぼくを愛して

まるで、そういわれているようで心が痛いです。



メロンを見つめてくれるお父ちゃん、お母ちゃんが出来ますように。

そのためにも、治療していい子で待ってようね、メロン。


line-w500.gif



「サポーターさんと大忙し」     a_futaba_yg.gif2009年05月26日 (火)


道路渋滞のなか、目の悪い子たちのためにchikoさんが通院ボランティアで
駆け付けてくださいました。
以前、chikoさんに写真撮影をお願いしておりましたので、
猫たちの写真も合わせて撮ってくださいましたよ
chikoさん、いつも助けてくださってありがとうございます!



で、気になる診断結果です。



ジャックくん・・・・・左目:眼球癆
           普段の生活は、問題なく出来ます。

じゅうべいくん・・・左目:眼球癆
            普段の生活は、問題なく出来ます。

クロベーくん・・・・・左目:眼球癆
           現在、目やにが出ているので眼軟膏を処方されました。
            普段の生活は、問題なく出来ます。

まめ太くん・・・・・・両眼眼球結膜癒着
           オモチャを動かすと目で追いかけますので弱視と思われます。
            普段の生活は、問題なく出来ます。

メロンくん・・・・・・・両眼眼球結膜癒着、蓄膿症
           メロンくんですが、残念ながらやはり失明です
           鼻水と鼻息の荒さは蓄膿症からきていることがわかりました。
           これは、仔猫時代に患った猫風邪の後遺症からきています。
            普段の生活は、間取りさえ覚えれば普通に出来ます。




これからの治療ですが、手術などの必要はなく、
目やにが出た時のみ眼軟膏をさしてやれば良いとのことでした。
もし、どうしても気になるようだったら眼球摘出もできるけど、
それは本にゃんに負担をかけるだけであって殆ど無意味なことだそうです。

もしかしてメロンくんとまめたくんの視力が少しでも良くなればと
期待して行ったものの、もう何もしてやれることはないということで
たいへん残念でしたが、メロンくんとまめ太くんに関しては、
仔猫時代に眼球が破裂してもおかしくない状態だったそうです。


関連記事


chikoさん、お疲れ様でした!本当にありがとうございました~!neko20-1-14_20090520001908.gif

それから、「もし、手術になったら預かって通院するからね~」
と助け舟を出してくださったのんのさん、ありがとうございました!
また、何かありました時によろしくお願いしますね。

感謝、感謝です



o0800053110188979740_20100830002315.jpg


line-w500.gif



「メロンくんの診察結果」     a_futaba_yg.gif2009年07月10日 (金)

9日は、またまたmitokoさんのお世話になって、
大阪の獣医さんまで行ってもらいました。

メロンくんですが、和歌山で眼科を得意とする(?)獣医さんで診察して
いただいた時、パッと診ただけで、「だめ、失明。」と言われたのですが、
こちらの病院で改めて診ていただきましたら、左目は眼球ろうと和歌山で
診断された結果と同じなのですが、右目は瞼球癒着であるとのこと。
右目はまだ眼球が残っている状態なので、
手術すれば見える可能性があるとの結果でした
ですので、去勢手術と一緒に目の手術もお願いするつもりでいます。
あーーー、良かった!メロンが見えるようになるかもなんて夢のようだ~
神様、どうかメロンにも光をくださいお願いします



340405_20100829043841.jpg340404_20100829043818.jpg340403_20100829043755.jpg


line-w500.gif



「目の手術の日程」     a_futaba_yg.gif2009年08月05日 (水)


メロンくんとまめ太くんの目の手術の日程が今月の18日に決まりました。
メロンくんは、体調が良ければ目の手術と去勢手術を同時にします。
まめ太くんは、目の手術をします。

そして、まめ太くんの目が安定する頃、神奈川県の里親様のもとへ
ジャックくんとトライアルに出掛ける予定です。

里親様には長らくお待たせしまして申し訳ありませんが、
どうか今しばらくお待ちくださいませ


どうぞ、メロンくんとまめ太くんの手術が成功するよう祈ってください○┓


meron22_20100829012254.jpg
1024pict-4318.jpg
メロンとまめ太の目に光が戻りますように


line-w500.gif



「まめ太とメロンの目の手術」     a_futaba_yg.gif2009年08月20日 (木)


18日の目の手術のために、前日 和歌山のIさんにお願いして
大阪の病院までまめ太くんとメロンくんを運搬していただきました。
(Iさん、いつもありがとうございます。)

それで、目の手術ですが、
お陰さまでなんとか膜は取れ、まめ太くんはどうにかおめめが維持出来たものの、
メロンくんの角膜は白濁し間に合いませんでした
それでも奇跡を信じて、先生の指示通り目薬をさしてがんばりたいと思います。



meron-eye_20090820054349.jpg
2009年5月5日 譲渡会の日。




10100563_20100829011412.jpg
8月19日。ちょっとすっきりした?



だけど、上を向いたら白濁しているのがわかるね
10100553_20100829011456.jpg
腫れが引いたら、もう少しきれいになるかしら?


少しでも、視力が戻りますように。めろんにも幸せが訪れますように

まめ太くんの写真はきれいに撮れませんでしたので、また後ほど。
buta1-9-5_20090820055248.gifごめんなさい。


※ メロンくんは、去勢もワクチンも一緒に終えました。


line-w500.gif




本当は、まめ太も一緒に連れて帰って来てた。
うちから、里親さん宅に行けたら…と考えていたけど、
保護主に引き戻されてしまった。

きっと、某ブログを見ていてくださった方は、目にハンディのある
まめ太とジャックの行く末を案じてくださっていたと思う。

そこで、朗報。
2009年の6月に里親内定して以来、保護主が手放すまで、
実に9ヶ月間も粘り強く待って、そして、とてもとても努力してくださって、
まめ太とジャックは、2010年3月に無事里親さん宅へ行くことが出来ました。
今は、と~っても幸せに暮らしています(^^)
里親さんには、感謝してもしきれないです。


  mameta2s.jpg sironeko03.gif jack_20090609041006s.jpg
     まめ太                 ジャック

この事だけでも、本当に私は救われました。
ありがとうございました。
関連記事
【2010/08/20 22:02】 めろん | トラックバック(0) | コメント(4) |
<<いつか | ホーム | ちょっといい話>>
comments
----
もうすぐ一年が経とうとしてるね。。。

キョロさん、めろんが「元気だして!って言ってるよ!!

【2010/09/02 00:28】 URL | tomiy #-[ 編集] |
--Re: tomiyさん--
あ、言葉足らずで心配させてごめんねi-230元気に過ごしてますよ~。
常にニコニコしてんとあかん仕事やし、凹んでばっかしてられへんからね。
思い出した時に、ちょびっと悲しくなるけど、それは誰でもあることでしょ。
だから、大丈夫i-239ありがと。
【2010/09/02 23:48】 URL | キョロ #YqN.Cq0E[ 編集] |
--管理人のみ閲覧できます--
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/11/14 22:41】 | #[ 編集] |
--Re: 鍵コメさん--
こんちは、ほんとお久しぶりです(^^)/

あの子ら揃って接待クラブ出身やから、お客さんのポイント高いでしょうね。
相変わらず、可愛いんやろなぁ♥
ダイエットは、まだまだ続いてるんですかー。
床に防音処理されてたり、マンションやからたいへんやろうなぁと
ブログ拝見してましたi-230
今でも、たまにですがブログへお邪魔させていただいてますので、
また更新楽しみにしていますね。
コメント残してくださってありがとうございま~すi-239
【2010/11/14 23:44】 URL | キョロ #YqN.Cq0E[ 編集] |
please comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://kyoro3kyoro.blog61.fc2.com/tb.php/21-39ab5a5d
| ホーム |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。